行政書士向井法務事務所

 岡山県倉敷市児島駅前4-75-203
 (IP電話) 050-1030-7109

日曜と月曜が事務所休業日です。但し、あらかじめ予約をいただけたら、対応も致します。

DV(ドメスティック・バイオレンス)

目次

協議離婚 DVとは
協議離婚 DVに悩む人の心理・特徴
協議離婚 モラルハラスメントの傾向

協議離婚 DV対策としての保護命令
協議離婚 モラルハラスメントとは
協議離婚 ご依頼・お問い合わせ

DVとは

DVドメスティック・バイオレンス)とは、夫婦間や恋人間における暴力をいい、犯罪に当たる行為であります

これは、身体的暴力に限らず、精神的、経済的、性的等、あらゆる形の暴力が含まれます。
最近よく耳にするようになったモラルハラスメントもDVの1種です。

熟年離婚においては、DVが長期間にわたり行われているケースもあるかと思います。
典型的な例を挙げると、言葉の暴力を長年浴びせられているという場合です。
DV
DVを放置していくと、暴力は繰り返され、だんだんエスカレートするという傾向があります。
DVの被害の深刻化を防ぐためには、早期の対応が大切になります。

また、DVの光景を目の当たりにした子供が心に大きな傷を負い、将来大人になった時に、DVの加害者や被害者になってしまう「暴力の世代間連鎖」という事例も報告されています。
 
被害者に対する保護はもちろんですが、子供のためにも、「暴力の世代間連鎖」を断ち切るためにも、子供へのケアも非常に重要な課題となっています。

このDVを防止するためにDV防止法というものがあります。

DV防止法については、こちらへ(千葉県のホームページより)

DVを受けたときは、各都道府県にある婦人相談所などの機関に相談しましょう。
シェルターで一時的に保護してくれることもあります。
詳しいことが載っていますので、以下のサイトを参照してください。

あ、そうそう。もちろんDVが原因の離婚は、慰謝料が請求できますよ。

配偶者からの暴力被害者支援情報

DV対策としての保護命令

例えば家庭内暴力を受けた方が警察に訴えたとします。
その場合に適用される法律としまして、DV法(配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律)があります。
保護命令はこのDV法の中にあります。

具体的には何をするか?というと、接近禁止命令・退去命令を、例えば暴力を配偶者がしたとすればその配偶者に対して行うことができます。

接見禁止命令とは、6ヶ月間、被害者に付きまとったり、あるいは、住居等の付近を徘徊する事を禁止する命令です。

退去命令とは、2週間、被害者と共に生活の本拠としている住居から退去することを命じる命令です。保護命令

でも、こんなことをしても、夫(又は妻)が守らない恐れはあります。

とはいえ、もし守らなければ、一年以下の懲役、又は100万円以下の罰金を受ける恐れがあります。
仕事をしている者であれば、懲役をくらえば強制退社もありえますし、さらに前科者となってしまします。

ですから、家庭内暴力(DV)でお悩みの方は、まずは最寄の交番等へ相談に行かれることをお勧めします。

DVを行う配偶者に対しては保護命令では、実際に保護命令を出してもらうにはどうすれいいのかといいますと、医師の診断書、暴力後の写真等、申立てを裏付けるような資料を用意して、相手方の住所地を管轄する地方裁判所、申立人の住所又は居所を管轄する地方裁判所、暴力が行われた地を管轄する地方裁判所のいずれかで保護命令を申し立てることができます。

保護命令の申立てをする際注意すべき点として、申立書等は、相手方(暴力を振るった配偶者)が見たり、コピーしたりすることができます。
ですから、申立人が避難先等を知られたくない場合には、従前の住所等を申立人の住所として記載するなどの注意が必要です。

保護命令の条件は、
①配偶者(夫・妻)から、暴力を受けること。
 ・ここでいう「暴力」は身体に対する暴力に限定されます。

②配偶者(元配偶者を含む)からの、さらなる身体に対する暴力により、その生命又は身体に重大な危害を受ける恐れがあること。

③子供への接見禁止命令を求める場合
→配偶者(元配偶者を含む)が幼年の子を連れ戻すと疑うに足りる言動を行っていることその他の事情があること。
が、あります。

申立てが受理されると、速やかに話し合いが行われることになっています。

DV問題に悩む人の心理・特徴

ドメスティックバイオレンスDV)問題に悩んでいる方の中では、かなり自己否定をしている人が多いと思います。
以前、DVに悩む人の心理・特徴に関して次のような記述を目にしました。

自己否定、他者肯定
長い間DVにあっている人は 「私がこの人を受け止めないとこの人が駄目になってしまう」と暴力を受けながら離れられなくなる現象が生じます。これが他者肯定自己否定といいます。
・自分でないと夫を助ける事は出来ない
・私が夫をこんな風にしたかもしれない
 
エキサイトメーカー
苦労が多い事から逃れたいのに、いつもヒリヒリした状態・生活を選んでしまう性格

DVに悩んでいる方々は、長年のDVの生活の中で自信を失い、その苦労から脱出したいはずなのに、自らがそれをできなくしている面もあるように思います。

また、長い間DVにあっている人は 「私がこの人を受け止めないとこの人が駄目になってしまう」と暴力を受けながら離れられなくなる現象が生じます。これが他者肯定自己否定といいます。

そしてDVをする人は波があり散々暴れた後は 妙に優しくなります。
これはハネムーン期と言って本人も反省している時期です。
しかしまた暴力をするという時期がきますので安心してはいけません。

そして本人も暴力でしか家族に向き合えない人もいる為 何を隠そう苦しんでいるのが何よりも本人である場合があります。

おびえる妻や子、そして本心は暴力を止められずにいる本人。

これでは誰も幸せにはなれません。
本人だって暴力を辞めたいのです。以前はこうした女性を「駆け込み寺」のようなところが匿いましたが 最近は問題の根絶をしようとする男性への更正支援が各自治体の活動が高まっています。

だからどうしてDVがおさまらないときはそういった療法でトレーニングするのも 一つの方法です。

モラルハラスメントとは

モラル・ハラスメント(通称モラハラ)とは、精神的な嫌がらせのことです。
このモラルハラスメントもDVの一種です。
なぜなら、直接的な暴力は振るいませんが、精神的な暴力を振るうというとこが同じです。

このモラルハラスメントは、一言で言えないくらい千差万別です。
それぞれの家庭でいろんなパターンがあります。

例をあげれば

 モラルハラスメント口をきかない・無視をするDV モラル・ハラスメント
 モラルハラスメント妻や夫の実家と付き合わせない
 モラルハラスメント子供の教育に協力的でない
 モラルハラスメント自分の事しか考えない
 モラルハラスメント相手をバカにしたり軽蔑する
 モラルハラスメント勝手な言い分で家事をしない
 モラルハラスメントいじめのような口撃をする
 モラルハラスメント嗜好品や小遣いを与えない
 モラルハラスメント仕事に理解を示さない
 モラルハラスメントパートナーの自由を束縛する

などなどです。

もっと具体的に言うと、たとえば妻の家事の細かいことについて、 夫がちくちくと精神的に攻撃する。「料理がまずい」とか 「掃除のしかたが悪い」とか……
もちろん、妻から夫への場合もあるかと思います。
DVの一種には違いないのでしょうが、肉体的な暴力と違って外からは見えにくいですよね「あんないいご主人、あなたの努力がたりないんじゃないの?」と言われて苦しんだりするようです。

モラルハラスメントの傾向

モラルハラスメントの傾向として、特に顕著に現れるのは 金銭問題です。
これはどちらかというと夫側に多いケースです。判りやすく言えば「ケチ」です。

夫は妻をパートナーと見ず、家事労働のヘルパーのようにしか扱わず 生活費も最低限しか妻には渡さない・・という事は多々あります。

これでは貯金額も何も判ったものじゃない。だから離婚の際、財産分与で困るわけです。

モラルハラスメントとはそもそも 自分の勝手な理論を振りかざし 家族を振り回すという事が多いのですが 自分でモラルに反している何て事は少しも感じてないから始末が悪い。
「自分王国の王様・女王様が自国の法典」を言うものだから 誰の意見も聞かないわけです。まさに裸の王様状態です。

そうした場合往々にして利己主義な人が多く 到底家族を持つ資格もなさそうな人達です。
それは親が説得しても仲人が説得しても聞く耳持ちません。
だから調停をしても意見をすり合せる何て事にも至らず 裁判にまで持ち込むケースもあります。

それなら どうするか・・・・・ささ、そこが秘訣です。
まず 常識外れの部分を言うよりその人の欠点をクローズアップさせるしかないのですが出来れば相手の肉声をテープにとり、異常な議論をわかってもらうしかないのです。

なぜなら 案外人前では良い子さんになる傾向があるからです。

DV モラルハラスメントこうして誰に聞いてもらっても 恥ずかしくない、内容のことはどちらが言ってるか ジャッジメントをするに限ります。

しかしこのモラルハラスメントが浮気のカモフラージュに使われる時があるからご注意を。

どういうことを言うかと言えば 特に家事ができていない事は無く今まで、家事への父兄不満を言い出したら これはまた違う方面の事を疑る必要性があります。

今まで家事のことなど 不満も言った事がないくせに 「部屋が片付いていない」とか「家事が出来ていない」とか急に言いだしたら それはまた別の問題があるかもしれません。

つまり無理難題のモラルハラスメントをいい パートナーから「もう叶わない」と退散させたいのかもしれません。
そうなればモラルハラスメントの内容を考える以前の問題だと思います。
要は別れ行く手段であるモラルハラスメントも多くあります。

貴方のご家庭のモラルハラスメントか?
いずれにしても 決して慣れたり許されたりするものでないことは確かです。

注目!! →  女性のあなたが3日間で有利に離婚する方法はこちら
         平均の2倍の養育費を受け取る方法!はこちら

圧倒的有利に離婚する方法

協議離婚はもちろん、調停離婚でも裁判離婚でも、色々な知識や情報を得て活用した者が有利になるのは間違いないことです。円満クローバー

以下のマニュアルは、あの有名な日本トップの離婚カウンセラーである岡野あつこさんが、2万件以上の離婚相談をして実際に得た本には載せることができないような内容も含め、有利に離婚をするためのノウハウが書かれています。
なんと、全434ページの大ボリュームです。
価格は29700円とちょっと高めなんですが、岡野あつこさんに相談したら2時間で5万円、かつ予約がいっぱいで取れません。

もちろん、私も実際にこのマニュアルを買って読んだことがあります。確かに、離婚の情報が包括的に書かれています。正直、「これ重要な所だからもうちょっと詳しく書いたたらすごいのに…」と思う個所もあったりもしますが、プロから見てもそういう手はありだなと思います。

あと、弁護士に依頼しようと思っている人でも、このマニュアルの知識を得てから弁護士選びをすればよりいい弁護士をつけることもできますし、依頼した後も、弁護士をよりしっかり活用することができます。同じ何十万円もする弁護士費用なら、しっかりと働いてもらえるようにしておきましょう。

とはいえ、自分には役に立たないのではないかという人もいると思います。その点はご安心ください。なんと完全返金保障付です。さすがは、岡野あつこさん。離婚業界のカリスマ。
なので、もし読んで役に立つ情報がなにもなければ、堂々と返金手続を取ればいいでしょう。あなたに金銭的リスクはありませんので、紹介しました。

ということで、少しでも有利に離婚したいというそこのあなたは、以下をクリックして詳しい説明を読んでみてください。

岡野あつこの離婚大全集~断然有利に離婚する方法~



離婚調停を有利に導きたい方へ!

離婚調停は、裁判と違って、自分でやることができる便利な制度です。
しかし、この離婚調停もぶっつけ本番準備なしで行くと、あいての思うツボになる可能性が高いです。

なので、やはり離婚調停攻略の知識をつけておくべきです。
ですが、離婚調停の依頼や相談を行政書士が受けることは、法律でできません。
離婚調停は、弁護士の分野なのです。申し訳ありません。

しかし、弁護士に離婚調停費用を依頼すると、着手金で25万円くらいは当たり前。
その上成果報酬までとられます。

で、あれば離婚調停に特化したマニュアルを読んで離婚調停ノウハウを身に付けておき、離婚調停をするのが一番です。
なので、以下のような離婚調停マニュアルを紹介します。値段は、弁護士に1時間相談するよりも安いうえに、返金保証も付いています。

なので、役に立たないと思えば返金してもらえばいいです。という事で、私が離婚調停に関われないのと、返金保証付きであなたに金銭的リスクがないから、紹介してみました。

なお、父親が親権を主張するための方法も記載されています。
詳しくは以下の説明ページを読んでみてください。

離婚調停を圧倒的有利に進める77項目。『離婚からの生還。』

可能なら離婚を避けたい人へ!!

このサイトを見ている方は、離婚の情報を探したり、調べている方が多いと思います。しかし、心から本当に離婚しかないと思っていますか?可能であれば夫婦修復したいと思っていませんか?
絶対に離婚だと思っている人以外は、だめもとで夫婦修復を目指してみませんか?夫婦修復を試してから、それでもダメなら離婚という選択をしたらどうでしょうか。

以下のマニュアルは、市販の本には載っていない、壊れかけた夫婦が、ラブラブ夫婦や円満夫婦になるためのノウハウが詰まっています。特別な情報とはいえ少し高いと感じる方もいると思いますが、夫婦修復カウンセリングを1回受けるだけでも5千~2万円はかかります。そう考えると安いものです。

離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

夫婦修復の基本は、「相手を知り、自分が変われば相手も変わる」です。マニュアルを実践して円満夫婦を目指しましょう。ちなみに、結局、離婚に至ったとしてもこのノウハウを知っていたら、より円満離婚ができると思います。さらに、再婚した時に、絶大な効果を発揮しますよ。

私も当然このマニュアルを買って読んでいますので、書かれていることは知っていますが、著作権の関係で書くことは出来ません。ただ、たしかにこれを実践してダメだったら、もうあきらめた方がいいのかもしれませんというくらいのノウハウです。

ご依頼・お問い合わせ(基本的に全国対応)

行政書士向井法務事務所に、ご依頼・ご相談・お問い合わせがある場合は、フォーム ・電話・メールから気軽にお問い合わせください。ご依頼・お問い合わせ 受付時間であれば、予約無しでいきなり電話をしてもらってもかまいません。

但し、手続や面談等で、出れない場合がある事をご了承ください。その場合は、時間をあらためてお電話ください。

    協議離婚

     お電話 050-1030-7109
     メール mukyajim@ybb.ne.jp

     ご依頼の料金は、こちらへ。

※メール・電話ともに、無料相談はいたしておりません。
※メールでのお問い合わせは、お名前・ご住所・ご連絡先をご記入ください。
※弁護士法に抵触する行為(示談交渉等)や裁判所関連・法的判断を伴う相談はできません。

協議離婚の道しるべページトップへ

北海道 青森県 秋田県 岩手県 宮城県 山形県 福島県 新潟県 群馬県 栃木県 茨城県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 長野県 静岡県 山梨県 富山県 石川県 福井県 岐阜県 愛知県 三重県 和歌山県 奈良県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 岡山県 広島県 鳥取県 島根県 山口県 香川県 徳島県 高知県 愛媛県 福岡県 大分県 佐賀県 長崎県 熊本県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌 旭川 網走 釧路 北見 帯広 室蘭 苫小牧 小樽 稚内 函館 青森市 弘前 八戸 盛岡 一関 仙台 石巻 山形市 米沢 秋田市 横手 本荘 新庄 酒田 鶴岡 福島市 郡山 いわき 会津若松 新潟市 長岡 上越 佐渡  高崎 前橋 太田 伊勢崎 桐生 水戸 土浦 日立 つくば 宇都宮 小山 足利 さいたま 八王子 横浜 川崎 千葉市 甲府 長野市 松本 飯田 静岡市 沼津 富士 磐田 藤枝 焼津 富士宮 浜松 豊橋 豊田 一宮 岡崎 春日井 小牧 刈谷 瀬戸 半田 名古屋 富山市 高岡 金沢 小松 福井市 敦賀 岐阜市 大垣 高山 津 四日市 松阪 伊勢 鈴鹿 桑名 奈良市 和歌山市 田辺 新宮 大津 彦根 長浜 草津 京都市 宇治 舞鶴 福知山 堺 神戸 姫路 岡山市 倉敷 津山 鳥取市 米子 松江 浜田 広島市 福山 呉 三次 岩国 山口市 下関 周南 徳山 宇部 防府 萩 高松 丸亀 今治 新居浜 松山 宇和島 徳島市 高知市 中村 福岡市 北九州 久留米 大牟田 飯塚 大分市 別府 中津 佐伯 長崎市 佐世保 対馬 五島 唐津 熊本市 八代 宮崎市 都城 延岡 鹿児島市 鹿屋 川内 名瀬 奄美 那覇 名護 石垣 宮古島
東京都・千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 板橋区 練馬区 台東区 墨田区 江東区 荒川区 足立区 葛飾区 江戸川区 町田 府中 調布 立川 三鷹 日野 小平 武蔵野 東村山 多摩 東久留米 青梅 大阪市・旭区 阿倍野区 生野区 北区 此花区 住之江区 住吉区 城東区 大正区 中央区 鶴見区 天王寺区 浪速区 西区 西成区 西淀川区 東住吉区 東成区 東淀川区 平野区 福島区 港区 都島区 淀川区 東大阪 豊中 枚方 高槻 吹田 八尾 寝屋川 岸和田 守口 門真 和泉 松原 大東 箕面・大宮 浦和 川口 川越 所沢 越谷 草加 上尾 春日部 狭山 熊谷 入間 飯能 秩父・横浜市鶴見区 港北区 都筑区 青葉区 緑区 神奈川区 西区 中区 保土ヶ谷区 旭区 瀬谷区 磯子区 金沢区 南区 港南区 戸塚区 栄区 泉区 相模原 横須賀 藤沢 平塚 茅ヶ崎 小田原 鎌倉 厚木 大和 秦野 座間 海老名 伊勢原 逗子・船橋 松戸 市川 柏 市原 八千代 習志野 流山 佐倉 木更津 我孫子 野田 浦安 銚子 鎌ヶ谷 君津 茂原 成田・西宮 尼崎 明石 加古川 宝塚 伊丹 川西 豊岡 博多 天神 すすきの  小倉 黒崎 門司