行政書士向井法務事務所

 岡山県倉敷市児島駅前4-75-203
 (IP電話) 050-1030-7109

日曜と月曜が事務所休業日です。但し、あらかじめ予約をいただけたら、対応も致します。

協議離婚には離婚協議書(公正証書)を

目次

協議離婚 離婚協議書の必要性
協議離婚 公正証書のメリット
協議離婚 公証人手数料

協議離婚 公正証書とは
協議離婚 公証役場の実情
協議離婚 ご依頼・お問い合わせ

離婚協議書の必要性

離婚協議書とは、離婚時において、当事者で決めた養育費や財産分与や面接交渉などの条件を記載した契約書のことを言います。

なぜ、協議離婚において離婚協議書が必要かという前に、そもそも離婚の方法は「協議離婚」「調停離婚」「審判離婚」「認諾離婚」「和解離婚」「裁判離婚」の6種類があります。

協議離婚とは、調停離婚・審判離婚・裁判離婚等のその他の離婚方法によらずに、夫婦の話し合いによって離婚をすることです。
協議離婚 離婚届
離婚の90パーセント以上は、この協議離婚によります。

全離婚件数の90%以上を占める協議離婚は、最も簡単な離婚の方法であります。
ですが、離婚届を出せば成立する話し合いによる離婚のために、せっかく決めた養育費・財産分与・面接交渉等のことが口約束のままだと、のちのちに「言った、言わない」ということが起きる可能性があります。

そのためには、決めたことを離婚協議書として書面に残しておく必要があります。
離婚協議書を作っておけば少なくとも「言った、言わない」ということを防ぐことができます。

また、離婚協議書があることにより、相手に守らないといけないという心理的なプレッシャーを与えることができます。
これは、協議離婚専門家が作成した離婚協議書ならなおさらです。
さらに、離婚した後に「もっと財産分与をしてくれ」などの要求も、離婚協議書があれば防ぐことができます。
なので、協議離婚において、離婚協議書の作成は必須なわけです。

ただ、調停や裁判では、決まったことを守らなかったら強制執行(簡単にいうと、決められたお金を無理やりとること)ができるのですが、離婚協議書だけでは、強制執行をすることができません。
ですので、守られなかった場合は裁判を起こし、判決をもらい強制執行することになります。

とはいえ、調停や裁判は面倒くさいのでイヤという人でも、相手が滞納した場合、裁判無しで強制執行できる夢のような方法があります。
それは、離婚協議書を強制執行認諾条項入り公正証書にしておくことです。

なお、協議離婚においての年金分割の同意は、原則公正証書にしておく必要があります(細かく言うと他にも方法があります)。

公正証書とは

公正証書とは、当事者間の法律行為や私法上の権利に関する事実について、公証人により作成される公文書です。

公正証書この公正証書には裁判での判決書などと同じく強制執行力があります。

よって、離婚協議書公正証書(強制執行認諾条項入り)にしておけば、万が一支払ってもらえない場合には、財産や給料を差し押さえるなどの法的措置をとることができるのです。

この公正証書を作成してもらうためには、夫婦そろって公証役場に行きます(あらかじめ電話で連絡をとっておきましょう)。

もちろん代理人でもOKです(公証役場によって代理人での手続を認めていない所もあります)。ちなみにどこの公証役場でもOKです。

公証役場の一覧は http://www.koshonin.gr.jp/ で調べることができます。

離婚協議書を離婚給付公正証書にするメリット

離婚協議書を強制執行認諾約款付の離婚給付公正証書にすると、のちに約束した金銭の支払いが滞ったとき、強制執行手続をとることにより、直ちに相手から養育費や慰謝料、財産分与で約束した金額を差し押さえることができます。

特に養育費については、2004年の法改正で、養育費の滞納期間分はもちろんですが、将来の分に対しても強制執行をかけて月々の給料から天引きすることができるようになりました。
ですので、養育費の取り決めがある場合は、ぜひ公正証書にしておきましょう。

また、年金分割の負担割合の合意は裁判所の書類か公正証書でないといけないということになっています。

さらに、公正証書には強い証拠力があります。

例えば、5月に通常の離婚協議書で養育費の取り決めをしたとします。その後すぐの7月に養育費の増額を求めて調停が起こされたとします。
決めたばかりですが、通常の離婚協議書では養育費の増額が認められる審判が出る可能性があります。
これについては、公正証書でも同じですが、公正証書だと増額を求める確固たる正当な理由がない限りは、認められる可能性がうんと下がります。
離婚給付公正証書
そういう利点も公正証書にはあります。

あと、もう一点。離婚協議書を公正証書にすると、強制執行されたらたまらないというのもあってか、養育費等の金銭の滞納率はグンと下がります。
養育費を滞納されたら、内容証明で請求するだけで養育費の支払いが再開されるということもよくあります。人間心理として当然ですね。

また、養育費とは違いますが、協議離婚において年金分割をしてもらうためには、公証役場で離婚協議書を認証してもらうか、公正証書にする必要があります。
であれば、後々のためにも、証拠力が強くて、強制執行できる公正証書に最初からしておきましょう。

※年金分割は熟年離婚の人だけが対象と誤解している人が多いですが、若年でも条件が合えば、当然その対象になります。

公証役場の実情

いきなりですが、非常に便利で有効な公正証書、全国の公証役場公証人が平等に作成してくれないという現実があるのをご存知ですか?

そうなんです!!ある公証人は公正証書に書いてくれることを、違う公証人は書いてくれなかったりという現実があります。
少し詳しく言うと、ある公証人は法律で違反してない限り比較的何でも記載してくれるのに、別の公証人は強制執行できる金銭債務の部分しか記載してくれないという場合があります。

また、ある公証役場では、代理での手続を認めてくれるのに、違う公証役場では、本人以外の手続を認めてくれないというのもあります。

さらに、ある公証人は、色々な添付書類を求めるのに、違う公証人は、それらの添付書類がほとんどいらなかったりということもあります。
公正証書作成はお任せください
さらにさらに、公正証書の内容とは違いますが、公証人手数料の計算の仕方も変わってきます。
他にも小さなことをいいますと、内容ではなくて、その見た目も大きな違いがあります。
ある公証役場では、きちんと厚い用紙で表紙を作っているところもあれば、中身の文章だけをホッチキスで留めただけの安っぽい公正証書もあります。
もちろん、表紙があったほうが重みも見た目も増しますので、あるにこしたことはありません。

そうなんです!!法律では、色々と決まっているのですが、その解釈の仕方や公証人自身の方針で対応がまちまちなんです。つまりは、公証人によって全然対応が違うということです。
ただ、法律に違反していることは記載しないという点においては、共通しています。

そんなにまちまちな公証役場。離婚協議書を公正証書にする際、あなたは、ご自身で手続ができますか?
もし、手続に行ったら、養育費慰謝料などの強制執行できる金銭についてしか、公正証書にできないと言われたらどうしますか?
せっかく、生命保険や祖父母の面接交渉のことなども決めたのに、その部分を書面にすることができなかったらどうしますか?

であれば、費用はかかりますが、最初から、専門家に任せてしまいましょう。少なくとも、平日昼間に双方が休んで、交通費をかけ、時間をかけ手続に行く事を考えると、そんなに高くはないはずですよ。

ちなみに、当事者が決めていったことだけを公正証書にするだけの公証人は結構います。
要するに、公証人は、積極的に「こういう内容を記載したらどうですか?」といった提案をめったにしてはくれません。

であれば、最初から専門家に任せてしまうのをおすすめいたします。

※、当事務所では、公正証書の作成代理はもちろん、公証役場への付き添いや手続代理のみのご依頼も受け付けています。

公証人手数料

公証人手数料
目的の価格※
公証人手数料
100万円まで
5000円
200万円まで
7000円
500万円まで
11000円
1000万円まで
17000円
3000万円まで
23000円
5000万円まで
29000円
1億円まで
43000円
以下略

公証人手数料とは、公正証書作成する際に公証人に支払手数料のことをいいます。公証人手数料は右表になります。

※目的の価格とは、その公正証書を作る目的となっているものの金額です。

具体的に原則論で計算してみます。

離婚の場合だと、例えば、慰謝料が50万円、財産分与が100万円、養育費(現在子供が5歳になったばかりで、20歳になるまで支払われるとする)が月々3万円とした場合の目的の価格は、慰謝料・財産分与はひとまとめにできるので150万円。
以上より、この部分の公証人手数料は7000円になります。

一方、養育費は、3万円×12(箇月)×10(15年としたいところですが、最高で10年までしか目的の価格を求める上で対象にできない)=360万円が目的の価格になり、公証人手数料は11000円となります。

よって、7000円+11000円=18000円が公証人の手数料になります。ただし、公正証書の枚数等によって多少変わってきます。

たとえ1枚の離婚協議書でも、養育費は目的の価格を見るうえで、別になるのでこのようになります。

というのが、基本の計算の仕方になりますが、公証人によって慰謝料と財産分与も別々に考えたり、金銭とは全く関係のない離婚の合意にも費用がかかったりして、はっきりいって統一されていません。
あくまで、目的の価格によっての部分の手数料が決まっているだけだと思ってください。
ですので、問い合わせをするのが一番でしょう。

※年金分割の記載は11000円です。

注目!! →  女性のあなたが3日間で有利に離婚する方法はこちら
         平均の2倍の養育費を受け取る方法!はこちら

圧倒的有利に離婚する方法

協議離婚はもちろん、調停離婚でも裁判離婚でも、色々な知識や情報を得て活用した者が有利になるのは間違いないことです。円満クローバー

以下のマニュアルは、あの有名な日本トップの離婚カウンセラーである岡野あつこさんが、2万件以上の離婚相談をして実際に得た本には載せることができないような内容も含め、有利に離婚をするためのノウハウが書かれています。
なんと、全434ページの大ボリュームです。
価格は29700円とちょっと高めなんですが、岡野あつこさんに相談したら2時間で5万円、かつ予約がいっぱいで取れません。

もちろん、私も実際にこのマニュアルを買って読んだことがあります。確かに、離婚の情報が包括的に書かれています。正直、「これ重要な所だからもうちょっと詳しく書いたたらすごいのに…」と思う個所もあったりもしますが、プロから見てもそういう手はありだなと思います。

あと、弁護士に依頼しようと思っている人でも、このマニュアルの知識を得てから弁護士選びをすればよりいい弁護士をつけることもできますし、依頼した後も、弁護士をよりしっかり活用することができます。同じ何十万円もする弁護士費用なら、しっかりと働いてもらえるようにしておきましょう。

とはいえ、自分には役に立たないのではないかという人もいると思います。その点はご安心ください。なんと完全返金保障付です。さすがは、岡野あつこさん。離婚業界のカリスマ。
なので、もし読んで役に立つ情報がなにもなければ、堂々と返金手続を取ればいいでしょう。あなたに金銭的リスクはありませんので、紹介しました。

ということで、少しでも有利に離婚したいというそこのあなたは、以下をクリックして詳しい説明を読んでみてください。

岡野あつこの離婚大全集~断然有利に離婚する方法~



離婚調停を有利に導きたい方へ!

離婚調停は、裁判と違って、自分でやることができる便利な制度です。
しかし、この離婚調停もぶっつけ本番準備なしで行くと、あいての思うツボになる可能性が高いです。

なので、やはり離婚調停攻略の知識をつけておくべきです。
ですが、離婚調停の依頼や相談を行政書士が受けることは、法律でできません。
離婚調停は、弁護士の分野なのです。申し訳ありません。

しかし、弁護士に離婚調停費用を依頼すると、着手金で25万円くらいは当たり前。
その上成果報酬までとられます。

で、あれば離婚調停に特化したマニュアルを読んで離婚調停ノウハウを身に付けておき、離婚調停をするのが一番です。
なので、以下のような離婚調停マニュアルを紹介します。値段は、弁護士に1時間相談するよりも安いうえに、返金保証も付いています。

なので、役に立たないと思えば返金してもらえばいいです。という事で、私が離婚調停に関われないのと、返金保証付きであなたに金銭的リスクがないから、紹介してみました。

なお、父親が親権を主張するための方法も記載されています。
詳しくは以下の説明ページを読んでみてください。

離婚調停を圧倒的有利に進める77項目。『離婚からの生還。』

可能なら離婚を避けたい人へ!!

このサイトを見ている方は、離婚の情報を探したり、調べている方が多いと思います。しかし、心から本当に離婚しかないと思っていますか?可能であれば夫婦修復したいと思っていませんか?
絶対に離婚だと思っている人以外は、だめもとで夫婦修復を目指してみませんか?夫婦修復を試してから、それでもダメなら離婚という選択をしたらどうでしょうか。

以下のマニュアルは、市販の本には載っていない、壊れかけた夫婦が、ラブラブ夫婦や円満夫婦になるためのノウハウが詰まっています。特別な情報とはいえ少し高いと感じる方もいると思いますが、夫婦修復カウンセリングを1回受けるだけでも5千~2万円はかかります。そう考えると安いものです。

離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

夫婦修復の基本は、「相手を知り、自分が変われば相手も変わる」です。マニュアルを実践して円満夫婦を目指しましょう。ちなみに、結局、離婚に至ったとしてもこのノウハウを知っていたら、より円満離婚ができると思います。さらに、再婚した時に、絶大な効果を発揮しますよ。

私も当然このマニュアルを買って読んでいますので、書かれていることは知っていますが、著作権の関係で書くことは出来ません。ただ、たしかにこれを実践してダメだったら、もうあきらめた方がいいのかもしれませんというくらいのノウハウです。

ご依頼・お問い合わせ(基本的に全国対応)

行政書士向井法務事務所に、ご依頼・ご相談・お問い合わせがある場合は、フォーム ・電話・メールから気軽にお問い合わせください。ご依頼・お問い合わせ 受付時間であれば、予約無しでいきなり電話をしてもらってもかまいません。

但し、手続や面談等で、出れない場合がある事をご了承ください。その場合は、時間をあらためてお電話ください。

    協議離婚

     お電話 050-1030-7109
     メール mukyajim@ybb.ne.jp

     ご依頼の料金は、こちらへ。

※メール・電話ともに、無料相談はいたしておりません。
※メールでのお問い合わせは、お名前・ご住所・ご連絡先をご記入ください。
※弁護士法に抵触する行為(示談交渉等)や裁判所関連・法的判断を伴う相談はできません。

協議離婚の道しるべページトップへ

北海道 青森県 秋田県 岩手県 宮城県 山形県 福島県 新潟県 群馬県 栃木県 茨城県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 長野県 静岡県 山梨県 富山県 石川県 福井県 岐阜県 愛知県 三重県 和歌山県 奈良県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 岡山県 広島県 鳥取県 島根県 山口県 香川県 徳島県 高知県 愛媛県 福岡県 大分県 佐賀県 長崎県 熊本県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌 旭川 網走 釧路 北見 帯広 室蘭 苫小牧 小樽 稚内 函館 青森市 弘前 八戸 盛岡 一関 仙台 石巻 山形市 米沢 秋田市 横手 本荘 新庄 酒田 鶴岡 福島市 郡山 いわき 会津若松 新潟市 長岡 上越 佐渡  高崎 前橋 太田 伊勢崎 桐生 水戸 土浦 日立 つくば 宇都宮 小山 足利 さいたま 八王子 横浜 川崎 千葉市 甲府 長野市 松本 飯田 静岡市 沼津 富士 磐田 藤枝 焼津 富士宮 浜松 豊橋 豊田 一宮 岡崎 春日井 小牧 刈谷 瀬戸 半田 名古屋 富山市 高岡 金沢 小松 福井市 敦賀 岐阜市 大垣 高山 津 四日市 松阪 伊勢 鈴鹿 桑名 奈良市 和歌山市 田辺 新宮 大津 彦根 長浜 草津 京都市 宇治 舞鶴 福知山 堺 神戸 姫路 岡山市 倉敷 津山 鳥取市 米子 松江 浜田 広島市 福山 呉 三次 岩国 山口市 下関 周南 徳山 宇部 防府 萩 高松 丸亀 今治 新居浜 松山 宇和島 徳島市 高知市 中村 福岡市 北九州 久留米 大牟田 飯塚 大分市 別府 中津 佐伯 長崎市 佐世保 対馬 五島 唐津 熊本市 八代 宮崎市 都城 延岡 鹿児島市 鹿屋 川内 名瀬 奄美 那覇 名護 石垣 宮古島
東京都・千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 板橋区 練馬区 台東区 墨田区 江東区 荒川区 足立区 葛飾区 江戸川区 町田 府中 調布 立川 三鷹 日野 小平 武蔵野 東村山 多摩 東久留米 青梅 大阪市・旭区 阿倍野区 生野区 北区 此花区 住之江区 住吉区 城東区 大正区 中央区 鶴見区 天王寺区 浪速区 西区 西成区 西淀川区 東住吉区 東成区 東淀川区 平野区 福島区 港区 都島区 淀川区 東大阪 豊中 枚方 高槻 吹田 八尾 寝屋川 岸和田 守口 門真 和泉 松原 大東 箕面・大宮 浦和 川口 川越 所沢 越谷 草加 上尾 春日部 狭山 熊谷 入間 飯能 秩父・横浜市鶴見区 港北区 都筑区 青葉区 緑区 神奈川区 西区 中区 保土ヶ谷区 旭区 瀬谷区 磯子区 金沢区 南区 港南区 戸塚区 栄区 泉区 相模原 横須賀 藤沢 平塚 茅ヶ崎 小田原 鎌倉 厚木 大和 秦野 座間 海老名 伊勢原 逗子・船橋 松戸 市川 柏 市原 八千代 習志野 流山 佐倉 木更津 我孫子 野田 浦安 銚子 鎌ヶ谷 君津 茂原 成田・西宮 尼崎 明石 加古川 宝塚 伊丹 川西 豊岡 博多 天神 すすきの  小倉 黒崎 門司